HOME>麹町出張所地区連合町会>永田町一丁目>町域のご案内
町域のご案内町会のご紹介町会ゆかりの著名人・文化人お知らせ

永田町一丁目町会

地理・地域・交通

国会議事堂を中心に内閣総理大臣官邸(首相官邸)、衆議院議長・参議院議長公邸、諸政党の本部などが立地し、隣接する霞が関とともに日本の国家中枢機能が集中する。

 

最寄駅
・東京メトロ丸ノ内線・千代田線
  国会議事堂前駅
バ ス
・都バス(橋63)国会議事堂前
道 路
 
・六本木通り
・国道246号線
地 域
・国会議事堂

永田町一丁目の由来           

永田町一丁目 町名由来板

<由来板>

 ■設置年月日:平成15年10月15日

 ■所在地:永田町1−1

 

「永田町」の名前が正式に生まれたのは明治五年(1872)のことです。

江戸時代、このあたり一帯は武家地で、馬場のあった道筋に永田姓の旗本(はたもと)屋敷が並んでいたため「永田馬場」と呼ばれていたことが、この町名の由来です。

江戸時代中ごろから現在の議事堂裏の通りは「永田町」と呼ばれ始めました。明治期には大半が軍用地に変わりましたが、国会議事堂が昭和十一年(1936)に完成すると、国政の機能が集中し、政治の中心地となりました。