紀尾井町ホール前の枝垂れ桜

紀尾井町通りは、八重桜(関山)の桜並木が有名ですが、実は他にも見どころがあります。

紀尾井町ホール前の枝垂桜は、1本のみですが、年々見事に咲き誇ります。


清水谷公園は工事中です。

清水谷公園は、残念ながら今年も工事中です(年内終了予定)が、心字池周囲にはソメイヨシノや枝垂桜などが咲き誇り、都会のオアシスのような静かな空間が広がっています。

紀尾井町通りは、江戸時代、紀伊(紀州徳川家)、尾張(尾張徳川家)、井伊(井伊家)のそれぞれの屋敷があった場所で東京ガーデンテラス紀尾井町は江戸時代まで紀州徳川家の上屋敷だったそうです。現在もホテルニューオータニと東京ガーデンテラスに挟まれお洒落な通りです。

 


さて、その東京ガーデンテラス紀尾井町では、3月25日(日)まで色とりどりの花で彩るアートイベント『東京インフィオラータ in 東京ガーデンテラス紀尾井町』を開催しているそうです。

“インフィオラータ”とは、イタリアで400年以上続く伝統のお祭りだそうで、花びらでデザインしたカーペット7作品が施設内に展示されているとのこと。期間中に全てを見ることが出来るでしょうか… 
ガーデンテラス右側の階段を上っていくと遊歩道や広い空間があります。

濠の桜を鑑賞するのであれば、是非遊歩道を歩いてみて下さい。

ガーデンテラス右側の遊歩道

ライトアップ準備中!忍者かとおもいました(-_-;)


また、向かいのホテルニューオータニでは、3月30日から400年の歴史を有する1万坪の日本庭園内で、日本の伝統文化と桜を楽しめるイベントを開催するそうです。入場無料とのことです。

清水谷公園向かい側の関山

ところで紀尾井町と言えば八重桜ですが、やはり温かい日が続いたからでしょうか。陽当りの良い場所では、この時期に珍しく蕾が色づいていました。今年の八重桜の開花状況にも目が離せません。