2017年3月8日(水)曇時々晴 最高気温11℃

 ◆◆写真はクリックすると拡大表示されます◆◆ 

桜の標本木

この桜(ソメイヨシノ)は、東京管区気象台が開花を観測するため指定した「標本木」です。

と記されています。

桜の…今朝までだとばかり思っていました(汗;)

今日は気温があまり上がらない との予報でしたが、日中はとても暖かく気持ちが良いです。

そこで今年初の標本木チェック!!


靖国神社の第二鳥居を超えると直ぐ右に標本木はあります。
隣の能楽堂まで枝が伸び、堂々とした佇まいです。
当たり前ですが、蕾は未だ固く綻ぶ気配はみじんも感じられません。
ただ、蕾を確認する人、撮影する人が入れ替わり立ち代わりやって来るので春が近いと感づき始めたかも知れません。

もし、お時間があれば標本木の裏側を見てみてください。白い大きな花と思いきや鳩が沢山とまっています。これは、平和のシンボルとして神社が育てているのだそうです。通常の鳩とはすみ分けされていて混ざることは無いそうです。

靖国神社は平成31年に創立150周年を迎えるとのこと。現在は、記念事業として工事が始まっています。境内外苑の整備工事もその一環で少し残念な景観となっています。

→鳥居の右側に見える白い壁が工事の仮囲いです。囲いを利用して靖国神社の歴史などが紹介されていました。