HOME>麹町出張所地区連合町会>大手町・丸の内>町会のご紹介
町域のご案内町会のご紹介町会ゆかりの著名人・文化人お知らせ

大手・丸の内町会

歴代町会長

町会長 福澤 武
町会長 杉山 博孝
第3代 町会長 杉山 博孝 平成27年5月〜
3代
杉山 博孝 : 平成27年5月〜
2代
福澤 武 : 平成10年5月〜平成27年5月
初代
渡辺 武次郎 : 昭和32年〜平成9年12月
      
      
      
     
     
      

年1回のボーリング大会もたのしみ
年1回のボーリング大会もたのしみ
著名人をお招きしての講習会

町会の歩み

<連合町会創立50周年記念誌より転載> 

「千代田区大手・丸の内町会」は、大手町、丸の内地区に所在する企業、団体、商店等が相集まり、会員相互の親睦を深め、さらに共同の福祉を増進することを目的として昭和三十二年に設立されました。以後、各種行事を通じて会員相互の交流を深めると共に、地区の防犯、防災や環境整備等に関し、会員の総意を関係官庁の施策に反映していくための様々な活動を行っております。
 さて、大手町、丸の内一帯は、徳川幕府時代には諸大名の屋敷が偉容を誇っていたところです。そして明治・大正・昭和・平成と時が推移していくなかで変貌を遂げ、現在のビジネス街が形成されました。
 ところで、第二次大戦後の占領下で全国の町内会は一様に解散への道を余儀なくされましたが、昭和二十七年の日米講和条約発効以降、各地で民主的な組織としての町内会が復活し始めました。
 ビジネス街としての整備が進む大手町、丸の内地区にも、初代町会長となりました渡辺武次郎氏(三菱地所且ミ長[当時])の発案により、昭和三十二年に町会が設立されました。現在は約二百の法人が入会しており、最近では、千代田区の各種施策への協力なども積極的に行い、「企業町会」としての特色を生かした活動を進めています。
 その主な活動内容をご紹介いたしましょう。

一.体育増進活動としての「スポーツ大会」

年一回、ボーリング大会を開催、プレー後は表彰式を兼ね懇談会を実施しております。

一.会員相互の懇親を深める「懇親行事」

以前は、一泊二日の視察旅行を実施しておりましたが、平成十一年度より平日夜の行事に変更。変更後はシンフォニークルーズ、はとバスツアー、そしてここ数年はワイン講習会を開催し、好評を博しています。

一.教養セミナーとしての「講演会」

年一回、文化・芸術等をテーマとした講演会を開催しております。最近の講師としましては、山田吾一氏(俳優)、福井謙二氏(アナウンサー)、阿川佐和子氏〈タレント・エッセイスト〉等、多方面の方をお招きし、終了後は軽食を用意した懇談会を実施しています。

一.地域防災活動

東京駅・有楽町駅周辺地区帰宅困難者対策地域協力会を近隣三町会で結成し、千代田区と共に帰宅困難者避難訓練を実施するなど、地域防災を推進しております。

一.環境美化活動

大手町・丸の内地区生活環境改善推進連格会〈当町会が母体〉として、東京駅周辺地区環境美化等を目的とした合同パトロールを毎月一回実施しております。
その他、役員会〈年二回〉、総会〈年一回、総会後懇親会〉を開催。また、当地域の情報及び町会の活動状況等を記載した会報(年二回)を発行しております。

このような活動を通して、今後もさらに運営の充実を図り、地域の発展に寄与していきたいと考えております。